ミネラル測定 > アンチエイジング - スキンクリニック

Mineral Inspection

ミネラル測定

ホーム>アンチエイジング・栄養療法>ミネラル測定
お一人おひとりに即した体内のミネラルバランスを把握。
意識的にコントロールすることで、身体の機能維持・向上を。

ミネラル測定とは?

ミネラルは、人間の身体を構成する物質のうち、たった4%ですが、身体機能維持に欠かせない重要な役割しています。
他の栄養素を十分に摂取していても、ミネラルが無ければ生命活動を維持することすらできません。

しかし、身体に必要なミネラルでも、過剰に摂取すると様々な障害が起こります。
ミネラルはそれぞれのバランスがとても大事になります。

また、ミネラル全てが身体に有用という訳ではなく、「有害金属」と言われる、水銀や鉛、カドミウムやヒ素などのミネラルが存在します。
これらは土壌や海水をはじめ、大型魚や化粧品、医薬品、穀物、排気ガスや農薬などに含まれ、日常の色々な場面で体内に取り込まれる危険があります。
このため、必要なミネラルが足りているか、有害なミネラルが蓄積されていないかを調べる検査が重要となります。

ミネラル測定の特徴

ミネラルを測定する方法はいくつかあります。
当クリニックでは、手のひらに光を当てて、各ミネラルの波長を特定し、定量測定するオリゴスキャンという機械を取り入れています。この検査は針を刺すという侵襲(身体を傷つけること)がなく、また当日に検査結果が出る、画期的な機械です。

また、有害金属は脂肪組織や肝臓、脳などに蓄積されやすく、それを排泄する機能が低下してしまっている人は、体内に蓄積されていても、毛髪や血液中に出てこない場合もあります。

そういった場合は、尿中に強制的に排泄させて、本当に体内に蓄積されている有害金属量を測定するテストもあります。
こちらの検査は6時間程度の尿を貯めて、測定するため、時間と労力がかかりますが、一番正確な測定方法とも言われています。
どちらの検査を選択するかは、カウンセリングでご相談ください。

※強制排泄試験

Dr's Voice

ミネラルは、現在の食生活で最も欠乏している栄養素と言われています。

自然界ではミネラルは土壌に多く含まれ、その土壌で育まれた植物を食べることでミネラルを摂取してきました。しかし、現在の地球では農薬使用などで、土壌中のミネラルは枯渇しているため、植物に含まれるミネラルも激減しています。

そのため、体内のミネラルバランスを知り、意識的に補充する必要があります。

また、有害金属の蓄積は、少量ではすぐに気付かずに慢性的に症状が出ることが多いので、検査がとても有用です。

お電話でのご予約
03-6712-7015
ご予約
pagetoppagetop