美容皮膚科の名医・権威 - スキンクリニック

Concept Doctor

コンセプト・ドクター紹介

ホーム>コンセプト・ドクター紹介

あらゆる側面からアプローチし、
内側からオーラがあふれるような真の美しさを引き出す。

ホリスティック医療

目指しているのは、
部分的、一時的な改善ではなく、
肌が自ら美しくなる“力”を育むこと。
カラダとココロを整え、
内側から美のオーラを導き出します。

まいこホリスティックスキンクリニック

あらゆる側面からアプローチするホリスティック医療

あらゆる側面からアプローチする
『ホリスティック医療』

クリニックの名前にもあるホリスティックとは、全体的な、包括的な、という意味で、「一部分ではなく、全体を見る」という考え方を指します。

私はこれまでに、一般皮膚科、美容皮膚科の診療を通して、肌に悩みを持つ多くの患者様に出会ってきました。そのなかで、アトピーやにきび、湿疹といった特定の症状に対し、単に塗り薬を処方するというような部分的な外側からのアプローチでは、症状のコントロールはできても、なかなか「治る」という段階にまで達しないことを痛感したのです。根本的に治すには、外側からだけでなく、内側からのケアも欠かせません。 そこでまず始めたのが、栄養学の勉強でした。皮膚は、体内の状態を映し出す最大の臓器で、食べたものはダイレクトに肌の状態に出てくるからです。その後さらに、勤務しながらアメリカのNutrition Therapy Institute日本校に通学し、栄養素の消化・吸収と、腸内環境にまで着目した「酵素栄養学」を修得しました。

そして今、まさに私が目指し、このクリニックを創設した目的でもあるのが、ホリスティックな医療を行うことです。外側からも内側からも総合的に診療し、ナチュラルで美しい素肌を引き出して差し上げる。そして、一人でも多くの方に幸せになっていただけたらと願っています。

消化・吸収と腸内環境に着目したホリスティック栄養学

消化・吸収と腸内環境に着目した
『ホリスティック栄養学』

一般的な栄養学が、主に栄養素に着目しているのに対し、酵素栄養学は栄養素を摂取した後の「消化・吸収と腸内環境」に着目した学問です。

どんなにいい栄養素を摂っても、消化・吸収するための「消化酵素」が働いていなかったり、腸内の状態が悪ければ、その栄養素の有効性を生かすことはできません。逆に悪影響を及ぼす物質へと変化することさえあります。

そこで当クリニックでは、酵素栄養学をベースとした「ホリスティック栄養学」にもとづき、栄養指導を行っています。具体的には、カウンセリングで、現在のライフスタイルや食生活、睡眠、ストレスの内容や強度、さらには乳児期に母乳とミルクのどちらで育ったかにまでさかのぼって細かくお話をうかがい、必要であれば血液やアレルギーの検査をします。その結果をもとに、不足している栄養素や酵素を割り出し、胃酸のpHに負けず、しっかり体内で活性化するサプリメントを処方したり、生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

必要な栄養素を摂取し、しっかり消化・吸収できるようになれば、おのずと体の中は整ってきます。体内が整えば、肌の状態も整う。さらには、精神も穏やかに、落ち着いた状態に整っていきます。体内の状態は、精神にも大いに影響するのです。そして精神が整うと、さらに栄養素の消化・吸収がよくなる。まさに、理想的な好循環が始まるのです。

美しさの正体は、
内側からあふれでるオーラ

外見が美しいだけでなく、精神的にもバランスが取れている女性は、内側からオーラがあふれでていて、素敵ですよね。だから、美容のための努力をするとしても、「これが美容にいいから!」と必死に頑張って疲れてしまうこととか、私はちょっと違う気がするんです。もちろん、ストイックに頑張るのが楽しいなら、それでいいんです。だけどそうでないなら、自分が「幸せだな」と感じられるよう幅を持って、ゆる〜く取り組めばいい。たとえば、お友達と出かけて、ケーキセットをいただいた日。もちろんケーキは糖質や脂質がたっぷり過ぎるけれど、「この人とこれを食べて、おいしいな。幸せだな」と感じる感性は、とても大事だと思うんです。だからケーキを食べた後は、それを後悔するのではなく、「糖質を消化する酵素サプリメントをいつもより多めに飲んで、チャラにしちゃおう」くらいの発想でいたらいいんじゃないでしょうか。そうしたら、なんだか楽しくなりますよね。

美しさの正体は、内側からあふれでるオーラ

ひとつのやり方に固執せず、バランスを大切にしたい

ホリスティックであるということは、何かひとつの偏ったやり方に固執するのではなく、バランスを大切にすることだと思っています。ですから私は、西洋医学の外側からのアプローチにも積極的です。

たとえば、当クリニックで行っている一般皮膚科の話。アトピーの患者様には、栄養面での指導もしますが、必要なときにはステロイドの塗り薬も使います。なぜならアトピーを栄養面からのアプローチだけで改善しようとすると、効果が出るまでに長期間かかり、長引くと炎症が上手くコントロールできず、色素沈着や痕が残ってしまうこともあります。痕が残れば、それを消すことは難しく、後々ストレスになることもあります。ですから、適切なステロイドの塗り薬の使用も、大切な治療のひとつです。

一方で、やみくもにステロイドだけで症状を抑えようとするのも、バランスを欠いていて、私のやり方とは違います。

クリニック内装

キレイであることは、
生きるパワーの源

もちろん栄養状態がいいと肌の状態もよくなりますが、できてしまったしみやしわには、外側からのさらなる積極的なアプローチが効果的です。当クリニックでは、光やレーザー、ピーリング、イオン導入といった美容皮膚科メニューを多数ご用意。外側から見て「もうちょっとキレイだったらうれしいな」という気持ちに寄り添って、丁寧な施術を行っています。

女性にとって、キレイであることは生きるパワーの源。「今日の私、キレイ」と思えるだけで、明るくなれるし、積極的になれる。ましてしみやしわがなくなれば、どこまでも飛んでいけそうなほど心は軽やかに!外見がキレイになれば、結果、内面も輝いてきます。キレイに自信を持った患者様が、素敵な笑顔を見せてくださる。そのことは、私が医師を続けていく上での大きな喜びです。

一人ひとりのライフスタイルに寄り添って

一人ひとりの
ライフスタイルに寄り添って

私が日々の診療にあたって大切にしているのは、「患者様一人ひとりのライフスタイルに合わせたアドバイスをして差し上げる」ことです。たとえば生活習慣のアドバイスの中で、仕事が終わるのが遅い方や、夜の仕事の方に、「早寝早起きをしましょう」とアドバイスしても、実践できないわけですからナンセンスです。また、ご両親の介護などで自分の時間が取れない方に、「毎日、必ず自炊してください」というアドバイスするのも意味を成しません。そうではなくて、その方に実践していただけて、なおかつ有効なことをご提案する。ただ正論を並べるのではなく、臨機応変に、柔軟に、真の美しさを引き出すお手伝いをさせていただく。それが、私の役目だと考えています。

また、患者様の“選択”も大切にしたいと考えています。ですから栄養指導はなしで、「一般皮膚科を受診して、皮膚疾患だけを診てもらいたい」「美容皮膚科で、美容の施術だけ受けたい」という患者様も大歓迎です。患者様がどうなさりたいのか。どんなときも、そのお気持ちこそが大切です。

日々、楽しむことが真の美しさへとつながる

内側からオーラがあふれるような、真の美しさを手に入れるためのポイントは、「日々を楽しむこと」です。よく、周りのキレイに追いつこうと苦しんで努力していらっしゃる方をお見かけしますが、そうではなく、ぜひ、自分らしい美しさを創造していっていただきたいと思っています。そして頑張り過ぎず、気負いすぎず、美しくなっていく過程を楽しんでいただけたらと思います。

まずはお友達に相談するような感覚で、気軽にクリニックに足を運んでください。

情報が氾濫している現代。美容・栄養情報も、偏って広まっているものが多くあります。当クリニックでは、旬のトピックや、学会などで仕入れてきた最新情報を、正しく伝えていきます。「何を信じていいのかわからない」「情報を信じてトライしたけれど、何の効果も得られない」という方々、美容・栄養情報に興味のある方々、どなたでもお気軽にご相談ください。

診療を通して、皆様が楽しく、笑顔で過ごしていけるよう、少しでもサポートすることができれば、医師として、これほどうれしいことはありません。

まいこ ホリスティック スキン クリニック 院長

ドクター紹介

ドクター山崎まいこ

Maiko Holistic Skin Clinic
まいこ ホリスティック スキン クリニック 院長

山崎 まいこ

Maiko Yamasaki

プロフィール

滋賀医科大学卒業後、大阪市立総合医療センターで臨床研修を行い、大阪市立大学附属病院形成外科、大阪市内の皮フ科常勤医師、大阪市内美容皮膚科院長を経て、Maiko Holistic Skin Clinicを開院

米国Nutrition Therapy Institute日本校卒業

所属学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • 日本レーザー医学会
  • アンチエイジング学会指導士
  • 米国NTI認定栄養コンサルタント
  • 点滴療法研究会
お電話でのご予約
03-6712-7015
ご予約
pagetoppagetop