【スペクトラ】
代官山の美容皮膚科、まいこホリスティックスキンクリニック

Spectra

スペクトラ

ホーム>美容皮膚科>スペクトラ
シミ、そばかす、肝斑の天敵。
ダウンタイムも少ない画期的な医療用レーザー。

スペクトラとは?

スペクトラ

スペクトラとは、FDA(アメリカ食品医薬品局)認可の医療レーザー機器で、主に肝斑治療、シミやそばかすの除去、毛穴改善、ニキビ肌などに効果があります。

肝斑に対してはレーザーや光治療器を照射することはタブーとされていましたが、トーニングという照射方法によって肝斑治療が可能となりました。

その他にも、従来のQスイッチYAGレーザーにあったダウンタイムや照射後の炎症後色素沈着といった短所が改善されています。
照射時間も短く、施術後はメイクをしての帰宅が可能です。

従来のQスイッチYAGレーザーとの違い

QスイッチYAGレーザーのスペクトラは、従来のQスイッチYAGレーザーよりもパルス幅が短くピークパワーが高いのが特徴で、 肌へのダメージを抑えつつ、効果的な治療を行うことができます。

① メラニンに対して最も効果的な532nm
② 肌の深部まで届く1064nm
という2種類のショートパルスを搭載していることに加えて
③ ms単位のロングパルスモード
を搭載しています。
この3つのモードを使い分けることによって、肝斑を含む様々な肌治療が可能になりました。

また、照射したい部位へ均一に照射ができるのも特徴です。
従来のQスイッチYAGレーザーの場合、照射のエネルギーが均一ではなかったため、中心部のエネルギーの高い箇所で炎症を起こしたり、外側のエネルギーの弱い部分では効果が得られないといった可能性がありました。
スペクトラはこのような短所が改善され、少ないリスクで効果的な治療を提供できる医療レーザー機となっています。

スペクトラの治療について

スペクトラ

スペクトラにはルートロピール、スペクトラピールという照射方法があります。

加えて、ルートロピールとスペクトラピールを合わせて行うデュアルピール、シミへのスポット照射などを入れると以下の4つの治療方法に分かれています。

スペクトラの治療は、医師が症状に適した照射を行うことが可能なため、様々なお悩みに対応することができます。

ルートロピール

ルートロピールは、主にシミやそばかす、肌のくすみの改善に効果があります。
短いパルス幅のレーザーによって、表皮から真皮にかけてシミの原因であるメラニンを破壊するため、短時間で効果を実感できるという特徴があります。
継続して照射していくことで肌のコラーゲン生成が活性化し、肌のハリツヤがアップするという効果も期待できます。
施術の回数は2週間から4週間に1回程度が目安となります。

スペクトラピール

スペクトラピールは、主に毛穴の開きやニキビ肌などに効果的な治療方法です。
1064nmのレーザー照射により、肌のコラーゲン、エラスチンの生成を活性化させ、肌のキメやハリがアップします。
肌質改善の中では特にニキビ肌のお悩みにおすすめの治療法です。

施術の回数は、治療する症状にもよりますが2週間から4週間に1回程度、合計5回から10回程度が目安となります。
回数を重ねるごとに、より効果を実感しやすくなります。

また、スペクトラピールとルートロピールを一緒に受けるのが次に紹介しているデュアルピールです。

デュアルピール

デュアルピールは、スペクトラピールとルートロピールを同時に行う施術方法です。
ルートロピールとスペクトラピールの両方の効果を得られるだけでなく、それぞれの相乗効果によって単独の施術よりもより効果的になります。

スポット照射

短波長レーザーのスポット照射によって、シミやそばかすの改善が期待できます。
シミやそばかすのある部位にのみスポット照射をし、シミの原因であるメラニン色素を破壊します。

こちらの治療方法は他の照射とは異なり、はっきりとしたダウンタイムがあります。
レーザーの照射後は、軽いやけど状態となってかさぶたができますので、軟膏やテープを貼るなどの処置が必要です。
しばらくするとかさぶたがはがれてきれいな皮膚になります。

その後、一時的に色素沈着が生じて色素が濃くなる時期がありますが、内服や美白剤を併用しながら、徐々に薄くなっていきます。
施術の回数は、シミの種類により変わります。
通常は1回の照射となりますが、シミの種類によっては照射が数回必要になる場合がありますので、目安については診察時に説明します。

リスク、副作用

スペクトラのリスク、副作用として施術後に一時的に赤みが出ることがあります。
また、従来のQスイッチYAGレーザーより照射後の炎症後色素沈着が起こりづらくなっていますが、色素脱失(皮膚の変色)・色素沈着の可能性はゼロではありません。
副作用としては、ターンオーバーの活性化によって一時的に軽度のニキビが生じる場合などがあります。

施術中の痛みは、ルートロピール、スペクトラピール、デュアルピールについては麻酔クリームを塗布することで軽度のチリチリという程度の痛みになります。
またスポット照射の場合は輪ゴムでパチンとはじかれる程度の軽い痛みがあります。

治療の流れ

STEP.1
カウンセリング
スペクトラカウンセリング

お肌の状態やお身体の健康状態などを診察時に確認させていただきます。
スペクトラによる施術が適しているかの確認、効果やリスクなどのご説明をいたします。

STEP.2
クレンジング
スペクトラクレンジング

パウダールームでクレンジングと洗顔を行っていただきます。
お顔以外の部位は、日焼け止めや汚れを落としていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでもご用意しています。

STEP.3
施術

お肌の反応を見ながら丁寧に施術させて頂きます。
全体照射の場合は麻酔塗布時間が15分程度、照射時間は15分程度です。
スポット照射の場合は5~10分程度です。

STEP.4
仕上げ

全体照射の場合、スタッフによって美容液、クリームを用いたケアを行います。
ご自身の基礎化粧品をご使用になりたい場合はスタッフにご相談ください。
スポット照射の場合は施術部位をテープで保護します。
終了後にスタッフからアフターケアの説明をさせていただきます。
終了後は基本的にメイク可能です。

施術前後の注意点
  • 施術前の顔そり、ピーリングなどは行わないでください。
  • 患部をこすらないようにご注意ください。
  • 妊娠・授乳中の方は施術不可となります。
  • その他、施術不可の場合がありますので予めお問合せください。
  • 入浴、洗顔は施術当日より可能です。
  • 運動、飲酒は施術当日より可能です。
その他、施術前の診察で詳細の説明を行います。
お電話でのご予約
03-6712-7015
ご予約
pagetoppagetop